CFOの利益管理と資金繰りにとって在庫管理は重要です

在庫管理

在庫管理

  • どの原料を使うかによって、原価も利益もコントロールすることができる。
  • ものを作れば、販売できていなくても、利益が出る。
  • 在庫の持ち高がわかるのは、年に1度の棚卸のみ。帳簿上も、在庫は1年間動かない。

 

このような会社は、意外と多いものです。
しかし、本当にこれでよいのでしょうか?

 

売上も少しずつ減っていき、競争がだんだん厳しくなっている状況では、このような管理をしている会社は、ライバルよりも先に脱落してしまうかもしれません。
私はコンサルタントとして、素晴らしい業績を上げている社長様と、残念ながら会社を倒産させてしまった社長様の両方に、数多くお会いしてきました。

 

利益が出ている会社の社長さんには、共通していることがあります。
それは、「お金にしっかりしている」ということです。そして、在庫はお金です

 

ですから、在庫管理をきちんとできていない会社が、利益を出すことはできませんし、社員にボーナスを支払うための蓄えをすることも困難です。
在庫管理の能力と、財務健全性(借入金の少なさ)には、無視できないような関連性があります。

 

また、在庫管理をできていなければ、原価計算はできません。
私がコンサルティングをさせていただいた企業で、原価計算を見直さなければならないと判断した会社の多くは、在庫管理もできていません。

 

在庫管理は、企業の生命線です。
お心当たりがあるなら、いまが、改善すべきときです。

 

 

在庫管理関連ページ

資金調達
「必ず返せるのに、貸してもらえない。」 「苦しくなったから、返済方法を見直したい」 こうしたニーズを実現するための、お手伝いをします。
経営計画策定
経営者が会社をリードしていくためには、経営計画を作成することが必要です。 様々な業務を抱える社長が、スピーディかつ的確な計画を策定できるよう、サポートします。
経営・財務診断
何にお金を使い、何で儲けているのか、データを集めて確かめ、また個人や組織の能力を、「観察」「ヒアリング」「データ分析」によって確かめます。
原価計算
「何で、いくら儲かっているか」を知るには、厳格な在庫管理と、正しい原価計算が欠かせません。

ホーム RSS購読 サイトマップ
社外CFO活用例 サービスメニュー 料金とQ&A 事務所紹介 お問合せ