社外CFO

社外CFO | 塚田公認会計士事務所

CFOは、会社を大きくしながらバランスをとる

会社が大きくなっていくと、たくさんのお金が、目の前を通りすぎていきます。
年商1億円くらいまでは、社長一人で全体を把握できても、5〜10億円になると、もう把握しきれません。

 

会社の先頭に立って、メンバーを引っ張りながら、お金の計算までするのは、本当に大変です。
「顧問税理士から出てくる決算書は、ほとんど見ない」、「銀行口座だけは、こまめにチェックしている」というやり方で、バランスを取り続けるのは、限度があります。

 

もし、年商10億円で、利益が5,000万円ならば、予定が5%ずれると、赤字になってしまうのですから。
そこで、CFOが必要になるのです。

CFOは先を読む

  • ネットをうまく使い、成長してきた。次のステップに行くには、リアルな投資が必要ではないか?
  • 新たなビジネスモデルを考えているが、人を抱えなければならない。本当に大丈夫だろうか?
  • それなりの売上を上げてて、利益もでているのに、資金繰りが厳しい。なぜなのか?

 

実は、多くの社長さんが、同じような悩みを抱えています。
社長は、ビジネスの先を読んで行動してください。資金の先を読んで対策を打つのは、CFOの役割です。

 

  • この投資をして、売上がゼロだったとしても、倒産はしません。銀行も支援してくれます。
  • このまま横ばいを維持すると、来期には赤字になります。ある程度のリスクはとって、拡大を狙いましょう。
  • ○○の在庫の動きが悪いため、資金繰りを圧迫しています。換金性が高いことを説明して、追加融資をお願いしましょう。

 

このように、社長の後ろをしっかり守りながら、ある程度は背中を押していくのも、CFOの役割です。

なぜ社外CFO?

顧問税理士さんに、ここまでの役割を求めるのは、無理があります。
また、通常のベンチャー企業や中小企業では、このような役割を発揮できる人は、なかなかいません。

 

CFOを雇うとなると、少なくとも1,000万円は必要です。
しかし、そういう方に、常勤で務めてもらうほどの仕事はない。また、いままでの経理担当者のモチベーションにも配慮しなければならないからです。

 

そこで、私たちは「社外CFO」というサービスをご提供しています。
fees

 

つまり、本当にCFOレベルでなければできないような仕事だけを、社外の人に頼む。
高度なプロフェッショナルに、長期にわたり関与してもらうことで、大きなチャンスやピンチのときには、すばやく必要な情報を集めて対処することも、できるのです。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
社外CFO活用例 サービスメニュー 料金とQ&A 事務所紹介 お問合せ